各地にある稀少なピアノを《音のカタログ》として記録したものになります。

​ピアノが19世紀後半に今の形になって100年ちょっと、その150年にも満たない時の中で星の数ほどのメーカーが趣向を凝らし自社の理想の音を追求し楽器を製造ししのぎを削ってきました。 今現在も活躍するメーカーから競争に敗れ廃業したメーカー、2度の大戦や世界恐慌など時代の荒波に押しつぶされたメーカー、その歴史の中には忘れ去られた優れたピアノが数多く存在しています、この動画はそんな古今東西の優れた楽器を音のカタログとして楽しんでもらう動画です。 この動画には今では失われつつあるピアノの醍醐味が詰まっています。ピアノ選びの参考にしてください。