大人の為のいまさら聞けないピアノの『いろは』第5回【音楽的な運指を考える】


みなさんはどれくらい運指を考えているでしょうか?

難しいパッセージでは当然弾けるようになるために運指を考えると思いますが単純な旋律や単音で運指を考えたことがありますか?もしくは曲の譜読みが終わり作品を音楽的に仕上げていく段階で運指を考えたりしますか?

『いろは』の第5回は真に音楽的な運指とピアノ演奏での運指の重要性について解説します。



1.五本の指にはそれぞれ個性と役割がある

人間には長さと太さの異なる5種類の指があります。親指は太く短い、小指は細く短い、中指は太く長いといったように長さと質量の異なる指をピアノ演奏では均質に使わなくてはいけません。先生に『ムラにならないように気を付けて』と言われたことはありませんか?このムラの原因はまさしくこの指の不均等さがもたらすものなのです。しかしこの指の不均等こそが音楽的な運指のカギになってきます。

それでは最初に各指の特徴と主な役割を見ていきましょう


・親指 

特徴:最も太く短い指です。この指だけ他の指とは完全に独立して大きな筋肉を備えていてとても強い、しかし反面小回りが利かなく不器用

役割:和音やオクターブ演奏の場合の大黒柱。豊かで充実した音を出す際に欠かせない指。細かく軽いパッセージでの連続使用は避けた方が無難。左手では特に内声の旋律を担当することが多い。しかし右手の場合メロディーに使うことは限定的。


・人差し指 

特徴:薬指と同程度の長さと太さの指です。しかし薬指と違い腱や筋肉がほぼ独立しているので大変器用でそこそこの強さがある。

役割:トリル等の細かく速いパッセージで使われることが多い。左手では親指と共に内声の旋律を担当する重要な指。右手では繊細なメロディーを演奏する場合使うことが多い。軽く芯のある音を出すのが得意な指。


・中指

特徴:人の指で最も長く親指の次に太い指です。高水準な強さと器用さを備えた指

役割:すべてをこなす万能な指。速いパッセージにも太い音色で単音を出したいときにも使うことができる。


・薬指

特徴:人差し指と同程度の長さと太さの指です。人差し指に比べ腱や筋肉が両隣と密接にくっついているので最も弱く不器用。初心者が意識的に動かすのに最も苦労する指。

役割:黒鍵でのオクターブ演奏に使用される指。細かいパッセージでも使う場面が多い。繊細な音色を作り出すのが最も容易にできる指。右手でPPでレガートの旋律を演奏する際はこの指の使い方が肝になってくる。


・小指

特徴:最も細く親指の次に短い指です。そこそこ大きな筋肉を備えており指は細いがそこそこの強さがあるが薬指とのつながりが強く器用さは中指や人差し指より劣る

役割:左手はバス音を右手は旋律を担当することが多い指。細かいパッセージでの使用は意外と少ない。メロディーをニュアンスに富んだ演奏にするにはこの指の使い方が重要。太い音が欲しい時には薬指と同時に使うことが多い。



以上のように各指には適材適所があります。力強いメロディーで薬指や人差し指を使ったり、繊細でピアニッシモな旋律で親指を使うことは演奏をより困難にしてしまいます。そして手の形や指の太さ、長さは人によって違います。皆さんがまず自分の各5本の指がどういう音を出せるのかを知ることが大事になります。そのうえで運指を考えてみましょう。




2.弾きやすい運指が音楽的に正解とは限らない


音楽的な指使い

上はモーツァルトのピアノソナタ第13番KV333の冒頭部分の譜面です。

この右手の冒頭部分で運指を考えてみましょう。

フレーズを考えずに弾き易さを重視して運指を考えると左の運指みたいになると思います。

それでは次にこの部分のフレーズを見てください。最初のソファミレとドシが別々のスラーで括られています。

左に提案した運指だと弾き易くはあるのですが運指のスムーズさがかえって障害になってしまいこのフレーズを表現するのが非常に難しくなってしまいます。


右は筆者の提案する運指です。

わざとフレーズの切れ目でポジションの移動をすることによってドシシのニュアンスを的確にそして楽に表現することが出来るようになります。ポジションの移動が発生することによりミスのリスクは最初の運指に比べ高まりますが音楽的な表現を重視するならばこちらの運指に分があります。