作曲家別おすすめ楽譜紹介 第1回【スクリャービン】

最終更新: 2020年12月14日

この記事ではよく聞かれる『●●の作曲家はどこの出版社の楽譜を買えばいいですか?』を独断で紹介します。楽譜購入の際の参考にしてください。

第1回は自分の大好きなスクリャービンを紹介!

※楽譜の画像をクリックすると販売ページに飛べるので価格チェックなどにお使いください。(一部在庫の無い楽譜はリンク無し。) 春秋社版


おすすめ度:★★★★★

価格   :★★★★★

網羅性  :★★★★★

解説   :★★★★★

運指   :★★★☆☆

入手性  :★★★★★


とりあえず迷ったらこれを買えば間違いないです、春秋社は井口基成監修のいい加減なショパン等の楽譜の印象が強いですがこのスクリャービンは非常に優れています。遺作、異稿まで収録されています。ただし運指はあまり実用性はありません。しかし初めてスクリャービンに取り組むのであればこの楽譜で間違いはないでしょう。



ペータース版

おすすめ度:★★★☆☆

価格   :★★☆☆☆

網羅性  :★★★☆☆

解説   :★★★☆☆

運指   :★★★★★

入手性  :★★★★☆


外国版の一般的な楽譜。完全なる全集ではなく全六冊でスクリャービンの7割程度の作品を網羅しています。一般的な人には十二分な曲ですが一部詩曲等重要な作品が欠けているのは×、さらに誤植多めです。しかし運指については春秋社より実践的で使いやすいです。ただし一冊の値段はかなり高い。入手性は悪くないので運指の参考に使いたい方は買ってみるのもあり。解説は独、仏、英語のみ。


ケーネマン版

おすすめ度:★★★☆☆

価格   :★★★★★

網羅性  :★★★★★

解説   :★☆☆☆☆

運指   :★☆☆☆☆

入手性  :★☆☆☆☆


外国版唯一の完全なる全集。

しかしながら解説は必要最低限、運指無しなので初心者には使いづらいと思います。値段は安いですが入手性は絶望的に悪いです。中身はペータース版より信頼できます。余計なものは要らない上級者向け。






ベリャーエフ版

おすすめ度:★★★☆☆

価格   :★★★☆☆

網羅性  :★★☆☆☆

解説   :★☆☆☆☆

運指   :曲によって差あり

入手性  :★★★☆☆


ピース譜です。スクリャービンと非常に深い関わりを持つ出版社。初めて出版された当時の楽譜を見ることが出来ますがそれ以上の価値はありません。後期作品はスクリャービンとの出版契約が切れているせいで一切ありません。持ち運びに便利なので取り合えず気になる一曲だけ弾いてみたい人向け。





ベーレンライター版

おすすめ度:★★★★☆

価格   :★☆☆☆☆

網羅性  :★★☆☆☆

解説   :★★★★★

運指   :★☆☆☆

入手性  :★★★☆☆


ベーレンライターはソナタしか出ていませんが遺作、異稿が含まれておりソナタを弾くなら非常に良い楽譜です。最も素晴らしいのが解説でものすごく充実していますただし英語とドイツ語のみ。しかし値段が非常に高く気軽には手が出しづらいです。本格的にスクリャービンのソナタを勉強したいのであればおススメできます。




全音版

要検証(まだ持ってません)

89回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピアノを聴く動画絶賛公開中!

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

​ピアノ教室生徒募集中

© 2023 by Classical Musician. Proudly created with Wix.com